読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏空の下、駆ける。

~鉄道や鉄道のある風景・自然を愛する鉄道好きのブログ~

GWの名鉄のりつぶし。 名鉄三河線(海線)編

2016年5月5日。

 

 

最寄り駅を出発して1200系のシートに座っている。

 

 

6:41

f:id:meitetsu2000:20160505064100j:plain

約7ヶ月ぶりに、名鉄のりつぶしです。

 

遠くに名古屋の高層ビル街が見えます。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505070711j:plain

知立駅で下車。

 

ちなみに乗ってきた車両は1114F。

次期リニューアル対象車かと思われます。

 

 

 

そうそう、知立駅といえば現在高架化が進行中ですね。

f:id:meitetsu2000:20160505071323j:plain

5月5日現在、こんな感じになってました。

 

 

これから、三河線(海線)(以下、三河海線と称する。)に乗車します。

 

名鉄、地元の鉄道会社でありますがこの東部のほうは意外と乗ったことの無い路線が多かったんですよね。

山線や豊田線小牧線(東部かな?)もそのうちです。

 

 

なんで乗りにきましたとさ。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505071236j:plain

知立駅すっげー!!LCDの乗り換え案内だとさ。

このまま列車案内にも使えるし、最寄り駅にも欲しいな・・・。

 

 

 

まずは三河海線のデータでも。

三河線(海線) 18.5km

 

知立 乗り換え:名鉄名古屋本線三河線(山線) ※有人駅

重原

刈谷 乗り換え:JR東海道本線 ※有人駅

刈谷市

小垣江

吉浜

三河高浜

高浜港

北新川

新川町

碧南中央 ※有人駅

碧南

(かつては碧南駅以遠もあった。)

 

 

7:14

f:id:meitetsu2000:20160505071406j:plain

7時18分発の碧南行きに乗車します。

 

列車は4両のくせにワンマン。2両+2両なのにです。

いつか紹介したブツのように後ろの編成には乗務員が乗務してないんですよ・・・。

 

車両は6038Fと確か6021Fでした。

 

 

 

とここでいつもなら写真を貼りまくるんですが、今回は写真がありません。

 

三河線って、結構混雑するんですね。(といいながら乗車率90%ほど)

写真撮れる雰囲気じゃなかったんで撮りませんでした。というか、写真に収める対象が(以下略

 

 

乗客は刈谷駅を過ぎると各駅ごとに降ろしていきます。

 

そして碧南駅のひとつ手前、碧南中央駅を出発したとき・・・。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505075145j:plain

キター!!!

 

☆ 無 人 列 車 ☆

 

 

誰もいねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

 

ちょっとこれ、やばくないすか????

何で誰もいねーんだよ!!

7時51分だぜ????????

 

 

見た感じだと前の車両も誰もいないっぽいです。

6021F側には流石に誰か乗っていると思いますが。(乗っていると信じたい。)

ということで車内を徘徊しながら2分ほどで終点・碧南駅に到着です。

碧南駅には十数人ほどが待っていました。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505075403j:plain

列車は折り返し知立行きの普通になります。

 

 

さてさて、ここで動画でも見てもらいますか。

 

www.dailymotion.com

 

6000系の先ほどの無人車内・碧南駅舎・そして発車シーンを盛り込んだ動画です。

 

(動画はHD画質ですが、お使いの環境によってはHDで見れない場合があるようです。多分480pぐらいでもなんとかなると思いますが、動画の右下の「HD」から変更してみてください。)

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505075547j:plain

駅看板。

 

名鉄では駅番号が振られはじめたが、何故かあまり違和感を感じない。

 

 

 

 

8:07

f:id:meitetsu2000:20160505080724j:plain

そして、次の列車で再び知立駅に戻るわけですが・・・。

 

 

f:id:meitetsu2000:20160505080825j:plain

トップナンバー!!

 

6001Fに出会えました。

走り始めて40年。老兵はまだまだ現役です。

 

 

そして知立方面へ戻っていったのでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この旅には続きがありますが、続き物にする予定はありませんのでいつかバラバラに公開します。