読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏空の下、駆ける。

~鉄道や鉄道のある風景・自然を愛する鉄道好きのブログ~

【2016東北旅】 第10回 秋田で迎える、新鮮な朝

2016.3/27  6:40

f:id:meitetsu2000:20160327064049j:plain

旅もいよいよ後半戦に入った3日目。ダイヤ改正2日目。

 

秋田で迎える朝でございますよ!

今日もすっきりと晴れていて気持ちがいい!

 

 

本日は朝にあまり余裕がないのでせっせと準備をして朝食を食べに行きます。

あ、このホテルでです。ホテルで朝食食べられると楽なんですよね。おいしいですし。自分はコンビニで買ったものを車内で食べるというのが一般的なのでみなさんにとっては当たり前のことかも知れませんが自分にとっては新鮮なのです!

 

 

 

7:28

f:id:meitetsu2000:20160327072804j:plain

レストラン(…と呼んでいいのだろうか)からはくっきりと秋田の山々が見えます。

方角はちょっとわかんないですけど((

 

 

朝食(バイキング)をいただいたら清々しい気持ちで外へ出ます。

この日も気温は12℃くらいだったかな、東北にしては暖かいと思う…。

地元の12月や1月の暖かい時と同じくらいです。

 

そういえばこの年は暖冬でしたしね。

 

 

 

7:46

f:id:meitetsu2000:20160327074627j:plain

さすが秋田県県都だけあって街中ですな。

東北地方は県都の人口から見て仙台以外そんなに発展していないんじゃないか、と勝手に思っていましたがそんなことないですね。勝手な思い込みでしたorz

 

(ちなみに秋田市の人口は2016年10月地点で約315000人と、私が住んでいるとこよりも少ない)

 

 

 

人通りの少ない日曜日の街中を、秋田駅に向かって歩きます。

 

 

 

 

駅の売店で駅弁とかいろいろ買い込んだら…。

 

8:01

f:id:meitetsu2000:20160327080112j:plain

秋田駅の改札前へやってきました。

 

前日(2日目)とは違って大勢の人で賑わっています。

まあ、前日ここに来たのは20時過ぎですからね。しかも土曜日だし…。

 

 

私、とってもワクワクしておりますo(*゚▽゚*)o

 

そのワケは…。

f:id:meitetsu2000:20160327080252j:plain

リ ゾ ー ト し ら か み

 

出ましたっ!!個人的にはJR東の代表的な観光列車のうちのひとつだと思っています。このリゾートしらかみ秋田駅から青森駅まで、東北を背骨のように貫く奥羽本線経由ではなく、風光明媚な五能線経由で向かいます。

 

五能線といえば、鉄道ファンなら言わずともわかりますかね…。

 

 

 

心踊らせながら、列車の待つホームへ。

 

 

8:07

f:id:meitetsu2000:20160327080738j:plain

嗚呼、見たかったよ!

 

こいつも憧れだったんだよ!

 

そんな憧れが、今、目の前にいるぅぅぅぅ!!

 

 

どことなく首都圏のE233系を思い出させるお顔ですね。嫌いじゃないです。

 

 

 

まだ誰もいないうちに車内の写真でもささっと撮っておきましょうw

(以下の説明は、リゾートしらかみ 青池編成の説明です。)

f:id:meitetsu2000:20160327080910j:plain

こちらは指定席の座席。リゾートしらかみは全車両(4両)が指定席です。

1、3、4号車は写真のようにフリーストップリクライニングシート。シートピッチは驚きの1200mmで、特急としても通用しそうです。てか、どこいらの特急よりも素晴らしいぞ。

 

ちなみに座席がある部分は観光列車らしく、床から一段上になっています。

窓もかな~りでかい。

 

写真には写っていませんがもちろんテーブルもあります。

 

 

 

また、先頭には…

f:id:meitetsu2000:20160327080820j:plain

このように前が見える空間があります。指定席ではありませんのでみなさんが譲り合って利用するスペースとなります。

 

記念スタンプなども設置されています。観光列車らしい。

 

 

 

 

そして…

f:id:meitetsu2000:20160327080829j:plain

個人的に気になった運転台。

 

だいぶハイテクですな。

ディーゼル車両(こいつはハイブリッド車両ですが)は運転台がもうめちゃくちゃになってたイメージがあるんですが…。

 

首都圏の電車と変わらなさそうですね。

 

 

 

 

さてさて、お次は2号車。

f:id:meitetsu2000:20160327081226j:plain

2号車はボックスシート車両。

 

1ボックスあたり4人まで乗車することができます。(1~3人でもボックスを指定できるが、相席になる可能性アリ)ボックスは写真の通り壁で仕切られています。しかも驚きなのはこの設備で普通車指定席と値段が変わらないこと!!

 

f:id:meitetsu2000:20160327081241j:plain

いやいや、素晴らしいですね。

 

あ、写真には収めていませんが、この座席、ちょっと作業を行うと、お座敷のような形になります。実に素晴らしい((何回素晴らしいって言うんだ

 

 

もちろんボックス席は五能線内では海側となります。

 

 

 

 

 

 

一通り写真を撮ったところで、一旦外へ出ます。

 

「秋田の列車」をまだ全然見れていないのです。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160327081544j:plain

こちらは出発していったキハ40形4連。

 

いくら地方のキハ40とはいっても4つも連なると風格がありますねー…。

 

 

 

f:id:meitetsu2000:20160327081805j:plain

こちらは秋田ー青森間を奥羽本線経由で結ぶ特急つがる

E751系という車両です。

 

雪対策か知りませんが前照灯がだいぶ高い位置についてますね…。

 

 

ちなみにリゾートしらかみの14分後に出発するこのつがる1号は奥羽本線経由なのでリゾートしらかみよりも青森へ早くつきます。

 

 

どちらも青森へ向かいますが青森へ急いでいる人はこちらを使うといいでしょう。

 

 

 

 

 

そして…。

f:id:meitetsu2000:20160327081516j:plain

当時、50系客車がまだ残っていた東北にロングシート車両の嵐を巻き起こした701系、のトップナンバー。

 

ボディも凹んだりしてるし、車番も消えかかってるし、だいぶ傷んでますね。

車両自体も低コストで作られているそうですが、そもそも東北の車両は使用条件が過酷そうですね。

 

 

 

さて、出発時刻が近づいてきたようだ。車内へ戻ろう!

 

 

 

 

続く